お客様インタビュー – 高砂市 S様邸

Interview
お客様インタビュー

建物を建てるにあたり「これは、外せない!」といった部分はどこでしたか?

【箱型の外観】
まず外観は、とにかく「箱型」がよかったんです。
色は当初は白にしようかと考えていましたが、いろいろ見ていくうちに黒に決定しました。
Print

【広い土間&スケルトン階段】
そして、間取りは「広い土間が欲しい」というのが一番の条件で、そこから設計士さんと打合せを重ね、
間取りを決めていきました。
広い土間と、スケルトン階段の組み合わせ、水廻りはキッチンと洗面・浴室は分けたいという希望に
合わせて他の部屋が決まっていった感じです。
201701高砂市S様2

他に、「こんな所にも、こだわった!」というところは?

初めに考えていた方向と駐車場のとり方を変えて家を配置することで、リビングダイニングに光が入る明るい家になりました。
201701高砂市S様3

フロア、クロスの色や質感もインテリアのイメージに合うものを選択。ベージュ色のクロスも馴染んでよい雰囲気づくりができました。
また、LDKに大きな物入を設けることで、収納が不足しがちなリビングダイニングもすっきりと片付けることができます。
201701高砂市S様4

201701高砂市S様7

スイッチプレートも、お気に入りの雑貨店などで好みのものを購入して預けておき、工事のときに取り付けてもらいました。
Print

クリエイトの担当の印象は?

営業さんは、もともと自分たちのお客様で以前からよく知っていたので、安心して土地のお世話もしてもらえました。
「こんな家にしたい!」という私たちの好みや希望が多かったのですが、設計士の方と、何度も打合せを重ね、いろいろと細かいことにも対応をしてもらって
思い通りの家に仕上げることが出来ました。

これから家を建てられる方へ、アドバイスをいただけますか?

まずは「目指す路線」をしっかり決めて、そこへ向かうようにすることで、統一感や想いが表れる家ができるのではないかと思います。
私たちも、つくりたいイメージがあったので、それをよりよいものにするため、インスタグラムやルームクリップなどから、たくさんの施工例などを見て、
イメージをさらに膨らめていきました。
そして、「したい」と思うことは、ひとまずは何でも設計士さんに相談をしてみてはどうでしょうか。
そこから、金額が上がりすぎていたら、削っていくとか代用できるものに変えるなどアドバイスしてもらえると思います。

インタビューを終えて

Print

美容師であるS様ご夫妻。かわいいお嬢様お2人と、ご家族そろって素敵なコーディネートで打合せにお越しくださっていて、仕上がったお家をとても楽しみにうかがった今回のインタビュー。
黒い箱型で、派手ではないですがよく目立つ外観。
一歩中へ入ると、広い土間とスケルトン階段。奥には、靴を見せて収納。その靴がとてもよい空間のアクセントになっていました。
LDKは、写真をご覧の通り。
お知り合いの職人さんが造られたという無垢材のテーブルをはじめ、ひとつひとつの雑貨にもこだわり、配線の目隠しなど細かいところにも行き届いたセンスをお持ちです。
以前は、今回のお住まいとは違い、北欧風インテリアがお好きだったそうですが、流行に敏感な美容師さんこその、そのとき惹かれたものを素直にインテリアにも取り入れられていらっしゃるのだと感じました。

ご主人が棚やブラインドをつけられたり、奥様が小物や、ご自身作の苔玉などを飾られるなど、お二人によって手が加えられた住まい。
これからも、変化がまだまだありそうなS様邸でした。
取材時には奥様とたっぷりお話させていただき、とても落ち着ける空間だったので、ついつい長居してしまいました。
S様、ご協力まことにありがとうございました!

S様邸のほかの写真もご覧ください。【施工実例 高砂市S様邸