お客様インタビュー – 加古川市 K様邸

Interview
お客様インタビュー

加古川K様邸main

この分譲地に決められた理由は?

絶対にしたかった屋上庭園の住まいが建てられることがまず一番の条件でした。

こちらの分譲地は、元々ここから近いところに住んでいたので地域として住み慣れていたこともありよかったのですが、

車通りが少なく静かで、その上、便利な立地。それらの条件がまとまったので、クリエイトさんでお願いすることになりました。

加古川K様邸2

建物を建てるにあたり「これは、外せない!」といった部分はどこでしたか?

屋上空間は外せませんでした!

テレビで、屋上にもうひとつのリビングがある「プラスワンリビング」の屋上空間を見たことがきっかけだったのですが、

何と言っても屋根とは違い、有効活用できるということが最大の魅力だと思いました。

実際、建てて住んでみると、まだ小さい娘もここで遊ばせることができて安心ですし、屋外が気持ちいい季節には、バーベキューをしたり、

ちょっと気分転換に外での食事をするなど、いろいろ活用することができるので、大満足です。

まさに、屋外のもうひとつのリビングとなりました。

他に、「こんな所にも、こだわった!」というところは?

加古川K様邸34

(写真1)
玄関には、大容量のシューズクローゼットには、靴もたくさん収納でき、子供の外で遊ぶおもちゃなども収納できてスッキリします。階段下を利用した収納も設けたので便利に活用できています。

(写真2)
好きな雑貨や写真などを飾りたくて飾り棚のついた、家具調のキッチンを選びました。

加古川K様邸56

(写真3・4)
LDKには、南と東面から陽がよく入るので、とても明るくいですし、床暖房もつけましたので、寒い季節も足元からポカポカです♪
あらかじめ、テレビボードの設置場所を決めていたので、ぴったりと収まって、ここで主人は映画鑑賞をするのがお気に入りなんです。

加古川K様邸789

(写真5)
和室は、今はもっぱら娘の遊び場になっています。大好きなおもちゃに囲まれてご機嫌です。
リビングと続きになっているので、家事をしながらも目が届きやすく、家族みんなが集まれる団らんの空間です。

(写真6)
こちらは2階に設けたコンパクトな一室。パソコンを置いて書斎として活用しています。

(写真7)
壁一面をクローゼットにしたので、洋服もたっぷり収納できて便利です。
この部屋も、陽がたくさん入る気持ちがいい空間です。

これから家を建てられる方へ、アドバイスがあれば。

一番こだわっていたもののひとつである屋上ですが、これはお勧めいたします!
ひとつの選択肢とされてみるのは、いかがでしょうか。

他には、我が家の場合、インテリアでいうとクロスは白を基調にし、全体的にナチュラルに仕上げました。
そうすることで、明るい部屋になりますし、カーテンや家具を変えることで、雰囲気が変えられるので、
将来的にも飽きがこなくて、よいのではと思っています。

インタビューを終えて

加古川K様邸10

いつも楽しそうに、お打合せにお越しくださっていたK様。
屋上のある住まいでの、暮らし方が気になっていて、今回お邪魔させていただきましたが、とても素敵な住まいになっていました。
やっぱり、家族が住まれると、家は味がでて良くなるのを再度実感。お話を伺う中で、「いろいろご縁のあった家になりました」とのこと。
お聴きすると、地鎮祭の神主さんにはじまり、施工がはじまってからも、基礎屋さんやサッシ屋さんなどがお知り合いだったそうです。さらには、大工さんとも遠い縁が(^^)
本当に偶然のことだったそうですが、K様はとても、その縁がうれしかったご様子でした。

クリエイトで、このように住まいを建ててくださって、さらにいろいろとつながったご縁。
あらためて、私たちもK様とのこのご縁をうれしく感謝いたしました。

お忙しい中、取材にご協力いただき、お嬢ちゃんも長い時間、笑いあり涙ありで、つきあってくださいました。
本当に有難うございました。

sorae  bnr01