お客様インタビュー 高砂市K様邸

Interview
お客様インタビュー

 201803高砂市K様邸1

―こちらの分譲地に決められたきっかけや理由は?-

ご主人:お互いの実家の中間あたりということで高砂市で探そうとしていたときに、たまたまこちらの土地を見かけました。
そのときは他社さんの土地だったのですが、その後、高砂市の会社を探してインターネットで見つけたクリエイトさんに行ったら、たまたま思っていた土地が分譲地として出ていました。
そこから話をお聞きして、地域的にも希望に近く、建物も希望が叶いそうだと思ったので、こちらに決めました。

 

―建物を建てるにあたり「これは、外せない!」といった部分はどこでしたか?-

201803高砂市K様邸2

 【外観】
奥様:私がグリーンが好きなので、この感じになりました。グリーンの瓦もよかったと思っています。主人は瓦であればいいというだけで、私の好きなようにさせてもらって気に入っています(^^)

201803高砂市K様邸3

【LDKのかたち】
奥様:リビングとダイニングがキッチンの前に続くのではなく、キッチンの横にダイニング、前にリビングという各スペースに一区切りあるような
配置を希望していました。そうすることで、キッチンでお料理をしていても子どもとの距離も近く、目が届きやすくてよかったです。

201803高砂市K様邸4 201803高砂市K様邸5 201803高砂市K様邸6

【回遊できるキッチン・パントリー・洗面・リビング】
奥様:キッチンから回れるようになったこの間取りは、設計士さんとのやりとりの中から出来たものなんですが、これがとっても使いやすいんです!
キッチン側とリビング側のどちらからも洗面室に行き来できるので家事もしやすく、子どもたちは、ここをよくグルグル回って遊んだりしています(笑)

【収納の大きさ】
奥様:私はカタチやサイズがよく分からないので、主人から「仕舞いたい物のサイズを考えた収納にしてもらう測っておくこと!」と指令がきました(笑)
お陰でいろいろな物がうまく納まる収納ができました。

201803高砂市K様邸7

【子ども部屋】
奥様:小さいころは、ノビノビさせたいので広々とした一室で使い、将来は仕切って二部屋にできるようにしました。

【インテリアのイメージ】
奥様:私はナチュラルな感じと、カントリーな感じの両方が好きで迷っていたのですが、1階と2階で雰囲気を変えてみては?との設計士さんの提案で、1階をナチュラルに2階をカントリー風になるイメージでフロアや建具を選びました。こういうのもアリなんだと思い、できてよかったです。

【長期優良住宅】
ご主人:一生に一度の家だと思っているので、調べて長期にわたり良好に住めるような家にと、はじめから長期優良住宅にすることを希望していました。

―他に、「こんな所にも、こだわった!」というところはありますか?―

201803高砂市K様邸8 201803高砂市K様邸9 201803高砂市K様邸10

【和室の板間】
奥様:娘たちのお雛様を飾るために、ちょうどのサイズに合わせてつくってもらいました。

【小屋裏収納】
ご主人:職場の先輩からの「収納は多いほうがいいよ」とのアドバイスで、小屋裏収納をつくってもらいました。
子どもが大きくなれば物も増えてくるので、今はまだ収納に余裕があるのでこれから重宝すると思います。

【外の物入れ】
ご主人:本当はシューズクローゼットがしたかったのですがスペース上厳しかったんです。
そんなときに、設計士さんが外の門柱と収納が一体になったものを教えてくれたので、とても助かっています。

―打合せや建築中の出来事や、クリエイトの担当との印象的なやりとりなどありましたか?―

201803高砂市K様邸11

ご主人:インターネットで見つけて、電話してからすぐに独りでクリエイトさんに訪問しました。その時に出会ったのが、営業のIさんでした。
他にも数社に行きましたが、価格的なことももちろんありましたが、Iさんは「ストレートで駆け引きとかしなさそう」という印象だったのがよかったので決めました。

契約してからも、本当にこまめにいろいろなことに動いてくれて助かりました。

自分でこんな風な間取りがいいと描いて行ったのですが、それをベースに設計士のOさんは「さすがプロ!」という提案をたくさんしてくれて希望をかなえてくれました。
大工さんや外構工事の職人さんとも現場に行ってはよくお話させてもらったりして思い出もたくさんです。
奥様:設計士のOさんは明るくて楽しかったです!私のしたい漠然としたイメージもうまく引き出して設計してくださいました。
どのようになるか分からない時もすぐに手描きで立体パースにしてくれたので分かりやすかったです。

 

―これから家を建てられる方へ、アドバイスをいただけますか?―

私たちはとにかく、一生に一度の家。したいことは全部する!という気持ちでしました。
価格が高すぎると、どうしてもしたいことを諦めないといけないものが多くなるかもしれませんが、クリエイトさんには全部かなえてもらえました。
インターネットでいろいろ探すこともできるので画像を見せたりして、何でもまずは相談してみて実現できる方向を一緒に考えてもらうといいと思います。

 

 

 

インタビューを終えて

Print

 ご入居後半年ほどでご訪問させていただいたK様邸は、雑貨がお好きでふんわりした奥様のイメージにぴったりのインテリアを作り上げられていました。
打合せに来てくださっていたときからお子様も大きくなられていて、お話を聴くうちにご主人がはじめてお越しくださったときのことなど思い出したり(^^)
間取りなどハード面はご主人が主導で、インテリアなどソフト面は奥様が主導で・・・と、お二人の共作で完成したお家だと実感。
伺った日が3月だったので、雛飾りに合わせてサイズを決められた板間に飾られたお雛様も拝見でき、K様の細かなこだわりの部分もよく分かった取材となりました。
「クリエイトさんに出会えてよかったです」と、とっても有難いお言葉をいただきました。こちらこそ穏やかなご家族に出会えて本当に感謝です。
K様、お忙しいところ、長時間のご協力と、お嬢さんたちも恥ずかしがりながらの撮影協力、本当にありがとうございました!

 

K様邸のほかの写真もご覧ください。【施工実例 高砂市K様邸