お客様インタビュー 稲美町N様邸

Interview
お客様インタビュー

201706N様邸1

N様邸のインタビューは、奥様にお応えいただきました。

―建物を建てるにあたり「これは、外せない!」といった部分はどこでしたか?-

【ボルダリングウォールのあるリビング】
主人の出張が多く、ほとんどが一人での子育てになるので、家事をしながらでも目が届くところでノビノビ遊んでほしくて、このボルダリングウォールが欲しかったんですが、思った通りに何度も登っては、楽しそうに遊んでくれて助かっています。
カラフルなホールドではなく、グレーの単色でそろえたことで、部屋の雰囲気も壊れずによかったと思っています。
この備品類も設計士さんがいろいろ考えて、取り寄せてくれました。
201706N様邸2

【1階の収納】
LDKは家族が集まるので物も多くなりがちですが、部屋がすっきり見えるよう、収納が多く欲しかったんです。
独立させた和室の下を蔵にして、その壁をボルダリングウォールに。
その蔵に子供たちのおもちゃや、日常の服をしまって、出し入れが簡単にできて便利です。
ほかにも細かいものが多いので、キッチンのダイニング側全体が収納になっているものを選びました。
201706N様邸3

【家族それぞれの収納】
お出かけの時に、収納を開ければそれぞれに必要なものがすぐ取り出せるよう、子供たちも含め「専用収納」を作りました。
出し入れや準備のしやすさを考えて、扉は開き戸(通常は折れ戸)にし、照明もつけて明るくしています。
ここに学校のプリントなどを貼れば見た目はすっきりしたまま保てますし、子供が準備をしているところを家事をしながら見られて、とっても便利です!
主人の収納だけここにはなくて、別になっているんですけどね(笑)
Print

【シューズクローゼット】
靴はもちろんですが、子供の外での遊び道具や、雑多になりがちなものを片付けておける倉庫のような感じで、
玄関側と室内側の両方から出入りができるようにしたことで、とても使い勝手の良い収納になりました。
201706N様邸5

―他に、「こんな所にも、こだわった!」というところはありますか?―

【中二階の和室】
リビングから直接つづく2階の和室です。主人が書斎のようにつかっているのですが、リビングで家族と寛いでいるとき仕事の電話があると、和室に入りパソコンを開いて応対しています。
個室ですが、子供はボルダリングをしながら和室へ行きますし、寝室側の2階とも小窓で会話できる距離になっていて、家族の気配がいつも感じられるようになっています。
201706N様邸6

 

【リビングの窓】
とにかく明るい部屋にしたかったので、リビングには大きな掃出し窓をつけました。それと明かりとりになる高窓は、あえて透明ガラスに。
設計士さんが、隣にすぐ家があるわけではないので空が見えていいですよと言ってもらって。ソファでくつろいでいるときに窓から青空が見えてとてもいい感じになりました。
あと、風通しもとてもいいんです。リビングの窓を開けて、中二階和室の障子と窓を開けると、高低差で風がよく抜けてくれて、とても気持ちよく過ごすことができています!
201706N様邸13

 

―打合せや建築中の出来事や、クリエイトの担当との印象的なやりとりなどありましたか?―

クリエイトさんでお家を建てた友人から紹介してもらったのですが、私が人見知りなこともあって、主人の出張と重なると独りで行かなくてはいけないのを
心配してその友人のお父さんもクリエイトさんに「よろしく頼むよ!」と電話してくれていて、心強かったんです。
でも皆さん温かい方ばかりだったので安心できました。
子供の名前もすぐに覚えてくれていたのを主人もすごく喜んでいました!

あと、打合せに参加できない主人のために、設計士さんが打ち合わせた内容を全部、主人にメールをしてくれていたので、主人にも伝わり安心できました。
本当にこまめにしてくれて助かりました。
大工さんもとってもよい方でしたし、本当に紹介してくれた友人に感謝しています。
201706N様邸7

―これから家を建てられる方へ、アドバイスをいただけますか?―

気になることをたくさん、インターネットで検索しました。「インテリア 落ち着いた」など気になるワードで調べて、そこで出てくる写真などを参考にしました。
あと、土地のことからいろいろ手続きすることから始まりましたが、営業さん、ローン担当さんなど、それぞれにアドバイスしてもらえましたし、建物のことは設計士さんに相談しました。
いろいろな方向から考えてアドバイスしてもらえましたので、気になることはひとつずつ何でも相談されるといいと思いますよ。

 

 

インタビューを終えて

Print

1年以上の期間を経て完成されたN様邸。
ご主人はお打合せに来られた回数は少なかったのですが、ご主人の好みで決められた空間は、コントラストがハッキリ。
奥様が決められた空間はお人柄そのものの、ふわっと柔らかい空間で、お二人が創りあげられたお家になっていました。
子供も大人も楽しめるボルダリングがお家でできるので、ご親戚やお友達を招かれても話題のスペースのようです。
取材時にも子供さんの動きや表情がいきいきしていて、とてもよい被写体になってくれました。
「クリエイトさんに建ててもらってよかった」と、本当にありがたいお言葉をいただき嬉しかったです。
N様、お忙しいところ、長時間お付き合いいただき、ご協力本当にありがとうございました!

 

N様邸のほかの写真もご覧ください。【施工実例 稲美町N様邸