住まいづくりアドバイス - インテリア計画

まずインテリアを考えるとき、「どのようにしたいか」をしっかりと思い描きましょう。

「綺麗なインテリア」「ナチュラルなインテリア」などの漠然としたものより、 インテリア雑誌など数冊を見て、ご自分で「好きだ」というものをピックアップしていくと、 選んだ中から「目指したいインテリア」が見えてくるはずです。

全体的に捉えて考える

全体がバラバラで統一感のないインテリアになってしまう場合があります。

そうならないため「ここはこうしたい。こっちはこのように」と部分的に考えるのではなく、インテリアを全体的にみていくことからはじめてください。

床・壁・天井・窓・カーテン・家具などインテリアとして見えるものは多くあります。
その一つ一つに素材感や色合いなどの統一感があると、スッキリとまとまったインテリアになりますので、大きく全体で考えるようにしていきましょう。

内装材について

主流となっている床材は木質のフローリング。
現代の家具を含め生活様式に合わせやすいことや掃除がしやすいことなどから主流となっています。
同じフローリングでも、合板と仕上材による複合フローリングと、無垢材の単層フローリングとがあります。

自然志向の高まりもあってか最近は無垢のフローリングも人気があります。
他の床材としては、和室の畳はもちろん、クッションフロアやコルク、テラコッタタイル、石などいろいろな素材を取り入れることができます。
それぞれに特徴がありますので、使う場所などを考慮し取り入れるようにしましょう。

壁に使われる素材としては、クロス・塗り壁・木などがありますが、まず印象を決めるのは色使いになります。
部屋の広い面積を壁が占めることになりますので、色使いにより部屋の雰囲気は大きく変化します。
簡単に張り替えや塗り替えができるものではないので、飽きのこない淡い色などが無難です。家具やカーテンとの調和もしやすいでしょう。

ですが、明確なインテリアの目指すものがある場合はそれに限らず、個性的な色を全体または、ポイント使いをしたりといったことで楽しむことができますので、まずは、全体のイメージをしっかりもつようにしていきましょう。

天井

意識しにくい天井ですが、意外と重要な部分でもあります。
仕上はクロス貼りなど壁の仕上げと同じようになりますが、デザインとして変化をつけられるところです。

天井の高さは高めの方が部屋全体はゆったりと見えます。
天井の一部を高くしたり、梁を見せたデザインにしたりと個性を出せますがそこまで出来ない場合には、色使いで変化をつけてみてください。

天井には淡い色使いをした方が圧迫感なく、ゆとりを出すことができます。
また、照明をつかって天井を照らす間接照明などで、視覚的に変化をつけられます。

光や風を取り込むためにも重要な窓ですが、インテリアとしての窓も部屋の印象を大きく決める部分でもあります。
窓は新築時に施工すると簡単に取り替えたりできるものではありませんので、しっかりと考慮しておきましょう。

様々な形のデザイン窓もありますので目指すインテリアにあったものを見つけてください。
また、それらの窓を活かすカーテンなどで、好みのインテリアイメージに近づけていきましょう。

ご希望のインテリアイメージなど、お気軽にご相談ください。
コーディネーターが経験を活かし、ご提案させていただきます。お気軽にご相談ください。

お問い合わせフォーム戻る