住まいづくりアドバイス - 採光・通風

住まいは、当然のことながら、明るく採光をとることができ、風通しのよい家にしたいと皆さんお考えのことと思います。
間取りを決めていく際には、平行してこれらのことも考えていく必要があります。
自然の力をうまく利用して快適な住まいにできるよう、いろいろな工夫を含め、採光・通風についてをご紹介いたします。

採光

夏と冬の日差しの違い

夏の太陽は高度が高いため、軒があれば直射日光は入りにくくなります。

冬の太陽は高度が低くなるため、室内に光が入り、暖かくしてくれます。

夏と冬の日差しのコントロール

南側に庭があれば落葉樹を植えておくと、夏には葉が茂り、日差しをさえぎり室温の上昇も防ぎます。

冬には葉が落ちるため日差しが室内に入り暖かくしてくれます。

自然の太陽の光を取り込むことにより、室内を明るく快適にします。
屋根に日が当たるのであれば、工夫次第でうまく日差しを取り込めます。隣家との距離によっても、採光の量に違いが生じます。
また、夏の室温の上昇なども考慮に入れて工夫をしたいものです。

隣家との距離による採光の違い

隣家との距離に余裕がある場合は問題なく、日差しを確保することができます。

隣家との距離が狭い場合、1階部分に日差しが入らない為、間取りでの工夫が必要です。

採光をとる工夫

  • 吹抜をつくる

    吹抜に窓を設置することにより、日差しを取り込む。

  • トップライトをつける

    壁面の窓の約3倍の明るさがあります。

  • 2階にLDKを配置

    LDKを2階にすることにより明るさを確保

  • 中庭をつくる

    中庭に面する部屋に光を取り込めます。

通風

採光と同様に、住まいの快適さの決め手の一つとなる通風。
風の流れをよくすることで、どんよりとした澱んだ空気をなくします。

自然の風をうまく利用すると共に、換気扇で効率よく通風を促しましょう。

  • 風の「入口」と「出口」をつくる

    室内の対角線上に窓を設けることにより通風を促します。

  • 上部に窓を設ける

    上に向かって空気は流れるので吹抜や階段に窓を設けることにより、室内全体の空気を循環できます。

  • 地窓、高窓を利用する

    隣家が接近しているなどの関係で窓がとりにくい場合や、収納スペースを確保したい為に大きな窓がとれない場合は、地窓や高窓をうまく配置して風をコントロールします。

    収納を確保した上で、上部に欄窓を設けるなど。こちらも、温まった空気は上昇するということを考慮し、高低差をつけて配置し、風の流れをつくるようにします。

このように、採光や通風のことも考えながらプランニングをすることで、住み心地にも差が出てくるかと思います。
そんなアドバイスもクリエイトの専門の設計スタッフがご相談にのらせて頂きます。
また、常時ご覧になれるモデルハウスなども実際にいろいろとご覧になって、計画を立てるご参考に。
是非、お気軽にオープンハウス会場にお越しください。お待ちしております。

お問合せフォーム戻る