住まいづくりアドバイス - 間取り

快適に生活するためには、そこに住まう人それぞれのライフスタイルに応じた間取りを考える必要がありますが、一般的にみた場合の使い勝手のよい空間配置や動線などをご紹介いたします。

間取りを考える際には、皆さんもちろん「生活がしやすい間取りを」とお考えのはずでしょう。
その「生活がしやすい」は、それぞれのライフスタイルによって異なってきますが、基本となる"動線""ゾーニング"について考えてみましょう。

動線

家事動線 家事をする際に行き来するキッチンやダイニング、家事室の動線
通勤動線 家族全員が使うリビングや玄関と、それぞれの部屋をつなぐ動線
衛生動線 浴室やトイレなどに行き来する動線

動線はなるべく短いことが基本ですが、特に動きが多くなる"家事動線"は短く。頻繁に通らない部分は動線が長くなってもよいように考えてみます。

朝の忙しい時間には、キッチンに立ちながらや、洗面室で身支度を整えながら、子供さんの様子なども確認できるよう、キッチンからダイニング、洗面室も近づけるようにすると効率がよくなるのでは。

▲ 上の図のようにぐるりと回れる動線は、単調な一方通行な動線より変化があり、生活上の便利さもあります。

ゾーニング

パブリックゾーン 居間などの家族全員が集う場所
プライベートゾーン 夫婦の寝室や子供部屋など個人で使う場所
サービスゾーン キッチンや浴室、トイレなどサービスを受ける場所

ゾーニングとは、住まい手が生活する上での機能や用途などを考えて空間(ゾーン)を効率よく構成することです。

住いの空間を大まかには上記のように分けることができます。
基本はこれらが、"複雑に入り組まない"ようにすることと言えます。
シンプルな配置にすることにより、動線が短く動きやすくなります。

将来の変化への対応

ゾーニングを考える際には、動線はもちろんですが、将来の変化にも対応できるようにすることも大切です。

例えば、家族が増えたり(子供が産まれる・親と同居する等)、家族の成長に合わせたり(子供の小さいうちは同部屋で、成長すれば個室にする等)する場合のことも考えることです。

パブリックゾーンを広めにとっておいたり、プライベートゾーンの横に空きスペースをとっておくなど。
例えば左の間取りの赤い部分の壁をない状態にしておき、将来的に壁にできるようにしておけば、変化に対応 することができます。

このようなプランニングのご相談もどうぞ、クリエイトで。 専門の設計スタッフがアドバイスをさせて頂きます。
また、常時ご覧になれるモデルハウスや、建築棟数も多くありますので、実際にいろんな間取りを見て、計画を立てて頂けるかと思います。
是非、お気軽にオープンハウス会場にお越しください。お待ちしております。

お問合せフォーム戻る