住まいづくりアドバイス - キッチン

目覚しく進化をし続けている住宅の設備。その中でも、とりわけ素晴らしいのはシステムキッチン。
仕事をしながら家庭のことをこなす奥様が多い中で、家事の時間短縮などに大きく力を発揮してくれます。
そんなシステムキッチンを含めた、キッチン周りの機能性についてをご紹介いたします。

レイアウト

キッチン周りについて考える上で、まず重要なのがレイアウトです。
いくら機能のよいシステムキッチンを設置していても、ダイニングとのつながりが ご自分に向いていなかったり、食器棚や冷蔵庫などの配置バランスなどがおかしいと、 とても動きにくいキッチンとなってしまいます。

左のような動きが基本となるキッチン。効率良くスムーズに動けるよう動線を しっかりと考慮して配置したいものです。

キッチンのタイプ

まずは、ダイニング空間とのつながり方によって、

・オープンキッチン
・セミオープンキッチン
・クローズドキッチン

と分けます。

今ではオープン&セミオープンが多く、キッチンで作業をしながらも家族とのコミュニケーションが取れることが長所となりますが、水道や調理の作業音、匂いなどが気になるのも事実です。

逆に、クローズドキッチンの場合は、作業に集中でき、作業音や人目が気にならないことが長所となります。 このようなことを考慮して、レイアウトを決めてください。

また、パントリー(食品庫)の位置や、家事全般をこなす洗面脱衣室や浴室との位置関係によっても 動きやすさに差が出てきますので、間取りを決める時によく考えてみてください。

住まいづくりアドバイス -間取りについて

ワークトライアングル

次は、システムキッチンの形。システムキッチンがI型かL型かによっても、 動きに差が出てきます。
L型ですと、作業スペースを広くとることができますが、キッチンの占める面積が広くなりますので、その辺りも考慮しましょう。
特に多くの作業を必要としない場合は、I型キッチンで動きもシンプルに…など、ご自身にあったものを選んでください。

そして、効率の良い動線の目安となるワークトライアングル
キッチンでの作業の基本となるコンロ・シンク・冷蔵庫の3つを線で結んだ時にできる三角形のことで、 その三角形の1辺が2歩程度、3辺の合計が3.6m~6mであることが理想的だとするものです。
I型で3点が並んでいる場合は、2.7mが使いやすいとされる長さ。3.6mを超えると使いにくいとされます。 これらも、ひとつの使いやすさの目安として、キッチンレイアウトを決める際のご参考に…

システムキッチンそれぞれの機能は、各メーカー工夫された特徴あるものがございます。
調理もガスコンロやIHクッキングヒーターから選べるなど、選択肢も多いので、いろいろと実際にご覧になって選んでください。

キッチンについてのほんの一部をご紹介いたしました。
レイアウトを含めまだまだ多くの便利な機能がありますので、ご自身に合ったキッチンプランをお探しください。
クリエイトでは、設計担当スタッフがアドバイスをさせて頂きます。
また、常時ご覧になれるモデルハウスや実際の建築中プランもご覧になれますので、是非、お気軽にご相談ください。お待ちしております。

お問い合わせフォーム戻る